裳華房-社名ロゴ 
裳華房のtwitterをフォローする



『ホームネットワーク』 カバー
 


購入案内タイトル

ネット書店の購入ページへ
Amazon
楽天ブックス
オムニ7
honto
Knowledge Worker
紀伊國屋書店
ヨドバシ・ドット・コム
TSUTAYA
ローチケHMV
e-hon
Honya Club

店頭在庫を確認する
丸善&ジュンク堂書店
紀伊國屋書店
三省堂書店
有隣堂
TSUTAYA

取り扱い書店一覧


電子メール・アイコン

NetComライブラリ 
ホームネットワーク
Home Network

在庫マーク

元 慶應義塾大学教授 工博 松下 温・
元(株)日立製作所 工博 中川一三夫 共編 
執筆:松下 温・金原禎司・工藤善道・野田 勉・安東宣善・里山元章・西村和浩

A5判/184頁/定価2860円(本体2600円+税10%)/2000年11月発行
ISBN 978-4-7853-6807-4 (旧ISBN 4-7853-6807-1)  C3055

 テレビをはじめとする家電やパソコンなど、家庭内機器を相互にネットワークし、さまざまな情報の共有や交換を容易にする次世代マルチメディア「ホームネットワーク」。家電とパソコンの本格的融合をもたらし、21世紀初頭に巨大市場を形成するといわれる注目の技術について、IEEE1394、HAViなどの標準化技術を中心に、整理して解説する。


目次 (章タイトル)  → 詳細目次

1.ホームネットワークの姿を理解する
2.ホームネットワークの標準化動向を理解する
3.AV系ネットワークの規格を理解する
4.ホームネットワークの実際を理解する

詳細目次  

はじめに

1.ホームネットワークの姿を理解する
 1.1 ホームネットワークとそれを取り囲む環境
  1.1.1 新しいインフラの登場
  1.1.2 インターネットとFTTH
  1.1.3 情報発信コストの歴史的考察
  1.1.4 デジタル放送の動向
 1.2 ホームネットワークのもたらすもの
  1.2.1 住まいの情報化
  1.2.2 電灯線による機器制御ネットワーク
  1.2.3 データ,映像のためのネットワーク
 1.3 ホームネットワークに必要な条件
  1.3.1 プラグ&プレイ −つなぐだけですぐ使える−
  1.3.2 互換性 −どこのメーカーのものでもつながる−
  1.3.3 拡張性 −新しい製品や機能を付加できる−
  1.3.4 コピープロテクション −著作権が守られる−

2.ホームネットワークの標準化動向を理解する
 2.1 ホームネットワーク規格
  2.1.1 ホームネットワークの種類と規格の関係
  2.1.2 AV系ネットワーク
  2.1.3 コンピュータ情報系ネットワーク
  2.1.4 白物家電系ネットワーク
 2.2 デジタル伝送技術の概要
  2.2.1 ベースバンド伝送方式
  2.2.2 搬送帯域伝送方式
  2.2.3 多重方式の概要
 2.3 下位層規格
  2.3.1 IEEE1394
  2.3.2 HomePNA
  2.3.3 HomeRF
 2.4 上位層規格
  2.4.1 HAVi
  2.4.2 ECHONET
  2.4.3 Jini
  2.4.4 UPnP

3.AV系ネットワークの規格を理解する
 3.1 POF
  3.1.1 POFの歴史
  3.1.2 POFの構造
  3.1.3 POFの材料
  3.1.4 光伝搬の原理
  3.1.5 POF周辺デバイス
  3.1.6 POFを用いたホームネットワークの例
 3.2 IEEE1394規格
  3.2.1 IEEE1394規格の構成
  3.2.2 物理層の仕様
  3.2.3 リンク層の仕様
  3.2.4 トランザクション層の仕様
  3.2.5 シリアルバス管理層の仕様
 3.3 IEC61883規格とAV/Cコマンド規格
  3.3.1 リアルタイムデータ転送プロトコル
  3.3.2 接続管理
  3.3.3 コマンド転送プロトコル
  3.3.4 AV/Cコマンド
 3.4 HAVi規格
  3.4.1 HAViの概要
  3.4.2 CMM
  3.4.3 メッセージングシステム
  3.4.4 イベントマネージャ
  3.4.5 レジストリ
  3.4.6 機器の仮想化
  3.4.7 DCMマネージャ
  3.4.8 ストリームマネージャ
  3.4.9 リソースマネージャ
  3.4.10 GUI
 3.5 コピープロテクション
  3.5.1 ホームネットワークと著作権保護
  3.5.2 AV機器間の相互認証と暗号化鍵の共有
  3.5.3 コンテンツの暗号化とコピー制御情報
  3.5.4 システムの更新

4.ホームネットワークの実際を理解する
 4.1 ホームネットワークのシステム
 4.2 AVデータの伝送
 4.3 プラグ&プレイの仕組み
  4.3.1 プラグ&プレイの役割
  4.3.2 IEEE1394のバスリセット,ID自動認識
  4.3.3 アプリケーションレベルのプラグ&プレイ
 4.4 相互操作と共有・排他制御
  4.4.1 相互操作
  4.4.2 共有・排他制御
 4.5 ホームネットワークの実装例
 4.6 AV系ホームネットワークの将来性

より深く理解するために
索引

著作者紹介

松下 温
まつした ゆたか 
1939年 生まれ。慶応義塾大学工学部卒業。沖電気工業株式会社勤務を経て、イリノイ大学大学院コンピュータサイエンス専攻修了。慶応義塾大学教授、東京工科大学教授などを歴任。主な著書に『応用Web技術 改訂2版』(監修、オーム社)『ユビキタスコンピューティング』(共著、オーム社)、『図解通信ネットワークの基礎』(昭晃堂)などがある。

中川 一三夫
なかがわ いさお 
1971年 東京大学工学部卒業、東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。日立製作所に勤務、同デジタルメディア開発本部本部長などを歴任。

(情報は初版刊行時のものから一部修正しています)


姉妹書
『NetComライブラリ』

この著作者の本
『ネットワークコンバージェンス』
ネットワーク
コンバージェンス


『ネット家電とその技術』
ネット家電とその技術


『ITSと情報通信技術』
ITSと情報通信技術



教科書をお探しの先生方へ


電気・電子工学


分野別
シリーズ一覧
書名五十音別
電子書籍
オンデマンド出版書籍


総合図書目録
メールマガジン
東京開業125周年



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.