裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『化学の目でみる地球の環境』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


化学の目でみる 地球の環境
−空・水・土−
Earth's Environment in the EYES of Chemistry
- Air,Water and Soil −

名古屋大学名誉教授 理博 北野 康 著
A5判/170頁/定価2376円(本体2200円+税8%)/1992年11月
ISBN978-4-7853-3043-9 (旧ISBN4-7853-3043-0)

 「私どもは地球の像を知らなすぎる.こんなに地球のことを知らなくては,地球にやさしく,真に地球をいとおしむことなんてできっこない.」(序文より)
 自然科学を専門としない人びとでも無理なく親しめるよう,やさしい記述に徹した環境化学のテキスト.

 ※2006年10月に改定版を刊行しました.詳しくは→こちら


【目 次】

『化学の目でみる地球の環境』 カバー
1 序論
 1.1 今,私どもが立っているところ
 1.2 生物の生存環境−大気,天然水,土壌

2 自然を見つめる化学の目−物質の単位,原子
 2.1 化学−物の性質をみる目
 2.2 原子の構造−原子番号
 2.3 元素(原子)の周期律表−原子番号の決まった順番ごとに化学的性質の似た元素が現われる
 2.4 原子量
 2.5 同位元素(同位体)

3 生命の故郷,海−水の不思議さ
 3.1 地球だけに満々たる海水がある−そこで生命は生まれ,進化した
 3.2 どうして地球だけに液体の水,海水があるのだろうか?

4 地球生物の生存場の化学像
 4.1 大気の化学
 4.2 天然水の化学
 4.3 土壌の化学
 4.4 地球における化学元素の動き−地球上では化学元素は水の動きとともに激しく動いている

5 地球生物の生存場の起源,形成およびその進化
 5.1 大気の起源
 5.2 水の起源と進化
 5.3 土壌の主要成分である粘土の生成−山くずれの予知

6 地球環境問題
 6.1 地球環境問題とは?
 6.2 地球の温暖化
 6.3 フロンによる成層圏のオゾン層破壊
 6.4 酸性雨

7 水資源の利用
 7.1 降水量と人間1人が使える水の量
 7.2 水の需要状況
 7.3 21世紀の水資源問題



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.