裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『生命増殖工学』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


生命工学シリーズV
生命増殖工学
Bioengineering Science

東京大学名誉教授 農博 山口彦之 編
A5判/268頁/定価4320円(本体4000円+税8%)/1991年5月
ISBN978-4-7853-5910-2 (旧ISBN4-7853-5910-2)

【目 次】

『生命増殖工学』 カバー
A はじめに

1 生命科学と細胞工学
 1.1 原核細胞と真核細胞
 1.2 細胞学から細胞生物学へ
 1.3 組織培養と細胞工学
 1.4 細胞の微細構造
 1.5 細胞膜の透過性
 1.6 細胞内のエネルギー転換
 1.7 細胞の増殖
 1.8 細胞の大量培養
 参考文献

2 生命科学と圧力
 2.1 圧力依存性の理論
 2.2 タンパク質の圧力変性
 2.3 タンパク質の圧縮率
 2.4 圧力と酵素活性
 2.5 基質濃度の影響
 2.6 基質特異性と圧力効果
 2.7 タンパク質および酵素の圧力変性
 2.8 変性に対する圧力の反転作用
 2.9 温度,圧力,尿素によるタンパク質変性の特徴
 2.10 微生物の耐圧特性
 2.11 酵母の耐圧特性と糖,NaCl,エタノールなどの関係
 2.12 酵素の基質特異性に及ぼす圧力特性
 2.13 酵素の熱失活と圧力
 2.14 脂質膜に対する圧力効果
 2.15 麻酔作用と圧力
 まとめ
 参考文献

B バイオプロセッシング

3 バイオリアクター
 3.1 細胞培養法の種類
 3.2 バイオリアクターの種類と特性
 3.3 バイオリアクターの管理法
 3.4 バイオリアクターの応用
 おわりに
 参考文献

4 固定化生体触媒
 4.1 酵素固定化法
 4.2 液滴包括型固定化法の応用
 4.3 微生物菌体の固定化
 4.4 バイオセンサ技術
 参考文献

C 細胞の増殖

5 植物のクローン増殖
 5.1 クローン植物の作出
 5.2 大量増殖のための特殊技術
 5.3 クローン増殖技術のシステム化
 5.4 育種への利用
 参考文献

6 動物細胞の大量培養
 6.1 細胞株の入手
 6.2 細胞の保存と継代
 6.3 大量培養用培地
 6.4 大量培養条件の設定
 6.5 大量培養の基本設計と基本操作
 6.6 大量培養法の種類と装置
 おわりに
 参考文献

D 有用物質の生産

7 植物細胞による有用物質生産
 7.1 培養生産にいたるまでの戦略
 7.2 シコニンの培養生産
 7.3 ニシキジソ培養細胞によるロズマリン酸の生産
 7.4 ベルベリンの生産
 7.5 物質変換
 7.6 培養生産の今後の問題
 おわりに
 参考文献

8 動物細胞による有用物質生産
 8.1 動物細胞の潜在能力
 8.2 動物培養細胞利用の有用性
 8.3 動物培養細胞を用いた遺伝子組換え技術
 8.4 遺伝子の高度発現に関する要因
 8.5 動物培養細胞による有用物質生産例
 おわりに
 参考文献

E 細胞融合

9 植物の細胞融合
 9.1 細胞融合の技術
 9.2 細胞融合の種類
 9.3 細胞融合によって得られた雑種細胞および雑種植物の特性
 9.4 体細胞雑種におけるオルガネラゲノムの再編成
 9.5 細胞融合の育種への応用
 9.6 細胞融合の問題点と将来
 参考文献

索引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.