裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『コンピュータで学ぶ 量子力学[応用編]』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


コンピュータで学ぶ
量子力学[応用編]
―5インチ フロッピーディスクつき―

東京大学名誉教授 理博 桜井捷海 著
B5判/296頁/定価7884円(本体7300円+税8%)/1992年5月
ISBN978-4-7853-2044-7 (旧ISBN4-7853-2044-3)

 『コンピュータで学ぶ 量子力学〔基礎編〕』に続いて,量子力学を必要とする物理・化学・電子工学・物質科学などの学部学生・大学院の初年度の学生を主対象に,1粒子近似で取扱える範囲内で,量子化学,固体電子論,電磁場と量子系の相互作用(レーザー物理)などの量子力学の応用に関して数値計算を交えて解説する.

(5インチ2HDのフロッピーディスクつき.適用機種はNEC PC-9800シリーズおよびEpson PC-286,PC-386シリーズ.本ソフトウエアはプログラムのソースコードだけなので,MS-DOSとMS-DOS版BASICを別途購入することが必要.またQUICK BASIC,TURBO PASCAL,TURBO C,FORTRANのプログラムに関してもMS-DOSのテキストファイルだけなので,それぞれのコンパイラーのソフトウエアが必要.)

   → 『コンピュータで学ぶ 量子力学[基礎編]』へ

【目 次】

『コンピュータで学ぶ 量子力学[応用編]』 カバー
6 二準位系の量子力学
 6.1 磁場中のスピン
 6.2 スピンの歳差運動
 6.3 二準位系とスピン1/2系との対応
 6.4 二準位系と電磁場とのコヒーレント相互作用
 6.5 電子スピン共鳴と核磁気共鳴
 6.6 二準位系の電磁波に対する応答(感受率の計算)
 6.7 アンモニア分子メーザー

7 原子の量子力学
 7.1 3次元の問題における変数分離
 7.2 水素原子のエネルギー準位と固有関数
 7.3 水素型原子(イオン)に関連した考察
 7.4 角運動量の合成
 7.5 ヘリウム原子
 7.6 多電子原子と周期律表

8 分子の量子力学
 8.1 分子結合と電子状態
 8.2 水素イオン分子
 8.3 水素分子
 8.4 二原子分子の波動関数と電子配置
 8.5 多原子分子の分子軌道理論(一電子近似)
 8.6 原子の結合角
 8.7 二原子分子のエネルギー準位と分子遷移スペクトル

9 結晶中の電子の量子力学
 9.1 自由電子モデル
 9.2 1次元周期的ポテンシャルによる結晶モデル
 9.3 Blochの定理と連続固有値バンド
 9.4 3次元結晶のバンド構造
 9.5 固体の種類

10 レーザーの量子力学
 10.1 電磁場の量子化
 10.2 レーザー理論
 10.3 半導体レーザー



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.