裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『発生のプログラム』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


生命科学シリーズ
発生のプログラム
−発生学入門−

埼玉大学名誉教授 理博 石原勝敏 著
A5判/196頁/定価3240円(本体3000円+税8%)/1986年4月
ISBN978-4-7853-5074-1 (旧ISBN4-7853-5074-1) (オンデマンド方式による印刷・製本)

 本書ではプログラムに従って展開して行くように見える発生の現象について,そのしくみに重点をおいてやさしく解説.

【目 次】

『発生のプログラム』 カバー
1 体をつくる2種の細胞 −生命を時代に継ぐ細胞の起源とゆくえ−
 1.1 生殖細胞の起源
 1.2 生殖細胞の分化

2 配偶子形成 −精子と卵ができるまで−
 2.1 精子形成
 2.2 卵形成

3 受精
 3.1 卵と精子の出会い
 3.2 ウニの受精
 3.3 魚類の受精
 3.4 両生類の受精
 3.5 哺乳類の受精

4 卵割のしくみ
 4.1 卵割の特徴
 4.2 卵割の様式
 4.3 卵割のしくみ
 4.4 卵割の位置
 4.5 卵割期の細胞質
 4.6 胞胚の形成

5 のう胚形成 −形態形成運動−
 5.1 のう胚形成の様式
 5.2 のう胚形成のしくみ
 5.3 形態形成運動
 5.4 予定器官原基図
 5.5 細胞親和性
 5.6 細胞選別のしくみ

6 神経胚形成 −形成体と誘導−
 6.1 中胚葉の形成
 6.2 神経管の形成
 6.3 ニワトリの神経管形成まで
 6.4 形成体と誘導

7 器官形成
 7.1 外胚葉性器官の形成
 7.2 中胚葉性器官の形成
 7.3 内胚葉性器官の形成

8 変態
 8.1 昆虫の変態
 8.2 両生類の変態

参考書
索引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.