裳華房のtwitterをフォローする


 【裳華房】 メールマガジン「Shokabo-News」連載コラム 
松浦晋也と鹿野 司の“読書ノート”

(2017/2/15更新)

 裳華房が毎月下旬に配信しているメールマガジン「Shokabo-News」にて連載中のコラム「松浦晋也と鹿野 司の“読書ノート”」の記事一覧です.
 本コラムは,ノンフィクション・ライター/サイエンスライターの松浦晋也さん鹿野 司さんに,お薦めの1冊や思い出の書籍,新刊レビューや折々のニュースに絡めた書籍の紹介など,毎回,幅広く理工書(場合によってはSFなども含む)を1冊(または数冊)取り上げてご紹介いただくものです.(お二人のプロフィールは →こちら
※松浦さんには奇数月配信号に,鹿野さんには偶数月配信号にご執筆いただきます※

 このサイトには,メールマガジン配信の約1か月後を目安に掲載していく予定ですが,一足早くお読みになりたい方は,裳華房のメールマガジン「Shokabo-News」を是非ご購読ください.

Shokabo-Newsの登録・配信停止・アドレス変更


松浦晋也の“読書ノート”

掲載号 記事タイトル
(『紹介書籍』著者名,出版社)
No. 331
(2017-1)
(27)日本陸軍のために存在した商社と阿片ビジネス
『阿片と大砲』(山本常雄 著,PMC出版)

No. 329
(2016-11(1))
(26)阿片ケシ篤農家の生涯と、星一の苦難
『戦争と日本阿片史』(二反長半 著,すばる書房)

No. 328
(2016-9)
(25)貧困には脳の高次機能障害が潜んでいるのか
『脳が壊れた』(鈴木大介 著,新潮社)

No. 326
(2016-7)
(24)大正の起業家による奇想PR小説
『三十年後』(星 一 著,新潮社)
No. 324
(2016-5)
(23)化石の中の遺伝子を追い求めて
『ネアンデルタール人は私たちと交配した』(ペーボ 著,文藝春秋)
No. 322
(2016-3)
(22)郊外の街の歴史が証す「昔は良かった」の嘘
『箱族の街』(舟越健之輔 著,新潮社)
No. 320
(2016-1)
(21)救われない代替医療の実態
『代替医療の光と闇 −魔法を信じるかい?−(ポール・オフィット 著,地人書館)
No. 319
(2015-12)
(20)相対論を視覚化すると
『銀河旅行と特殊相対論』『銀河旅行と一般相対論』(石原藤夫 著,講談社)
No. 315
(2015-9)
(19)新聞記者が書くノンフィクションの面白さと限界
『湯川博士、原爆投下を知っていたのですか』(藤原章生 著,新潮社)
No. 313
(2015-7)
(18)原子力発電を巡る“人の世の事情”
『原発と大津波 警告を葬った人々』(添田孝史 著,岩波新書)
No. 311
(2015-5)
(17)その飛行機が実用に至らなかったわけ
『未完の計画機』(浜田一穂 著,イカロス出版)
No. 309
(2015-3)
(16)飛行機王の構想力/妄想力
『日本の飛行機王 中島知久平』(渡辺一英 著、光人社NF文庫)
No. 307
(2015-1)
(15)1908年、飛行船と航空機の交錯
『嵐の生涯 航空機設計家ハインケル』(ハインケル&トールヴァルト 著,フジ出版社)
No. 301
(2014-7)
(14)民間航空草創期の若き息吹と、皮肉なる運命
『空気の階段を登れ』(平木國夫 著,三樹書房)
No. 299
(2014-5)
(13)テルミン、この摩訶不思議な“電気楽器”
『テルミン』(竹内正美 著,岳陽社)
No. 297
(2014-3)
(12)レイモンド・スコットの赤ちゃん向け音楽
CD “Soothing Sounds for Baby: Electronic Music By Raymond Scott”(レーベル:Basta)
CD “Raymond Scott - Manhattan Research Inc.”(レーベル:Basta)
No. 295
(2014-1)
(11)電子音楽の歴史をつづる大著2冊
『日本の電子音楽 増補改訂版』(川崎弘二 編著,愛育社)
『電子音楽 in Japan』(田中雄二 著,アスペクト)
No. 293
(2013-10)
(10)2人の先輩を送る
『新世紀未来科学』(金子隆一 著,八幡書店)ほか
『パソコン創世記』(富田倫生 著,旺文社)ほか
No. 291
(2013-8)
(9)正しい知識の不足を象徴する2冊
『原子力発電ABC』(東京電力株式会社)
『反原発、出前します 高木仁三郎講義録(反原発出前のお店編,七つ森書館)
No. 289
(2013-6)
(8)歴史を左右するパンデミック
『史上最悪のインフルエンザ』(クロスビー 著,みすず書房)
No. 287
(2013-4)
(7) 分かった気になる数学ノンフィクション
『素数に憑かれた人たち』(ダービシャー 著,日経BP社)
No. 285
(2013-2)
(6) 科学のためなら、どこにでも行きます
『金星を追いかけて』(ウルフ 著,角川書店)
No. 282
(2012-12)
(5) ジョージ・エラリー・ヘールの「大きいことはいいことだ!」
『パロマーの巨人望遠鏡(上)(下)』(ウッドベリー 著,岩波文庫)
No. 280
(2012-10)
(4) 頑固提督による原子力技術のターニングポイント
『暗黒水域』 (ヴィボニー&デイヴィス 著,文藝春秋)
No. 278
(2012-8)
(3) 1960年の民間宇宙開発
『ピアース自伝』(ジョン・R・ピアース 著,日経サイエンス社)
No. 276
(2012-6)
(2) 使われている技術はその目的に最適なのか?
『20世紀のエンジン史』 (鈴木 孝 著,三樹書房)
No. 274
(2012-4)
(1) コレラ、脚気、水俣病――疫学を巡る視点
『医学者は公害事件で何をしてきたのか』 (津田敏秀 著,岩波書店)
 

鹿野 司の“読書ノート”

掲載号 記事タイトル
(『紹介書籍』著者名,出版社)
No. 325
(2016-6)
(22)社会としていかに「炎上」を抑制するのかを考える
『ネット炎上の研究』(田中辰雄・山口真一 著,勁草書房)
No. 319
(2015-12)
(21)時代を振り返り、相対論のこれからに思いを馳せる
『ブラックホール・膨張宇宙・重力波』(真貝寿明 著,光文社)
No. 317
(2015-10)
(20)生命とそれを育む星の最先端とこれから
『生命の星の条件を探る』(阿部 豊 著,文藝春秋)
No. 314
(2015-8)
(19)食べものと健康についてのバランスの取れた情報提供
『佐々木敏の栄養データはこう読む!』(佐々木 敏 著,女子栄養大学出版部)
No. 312
(2015-6)
(18)差違を対等に面白がる関係
『目の見えない人は世界をどう見ているのか』(伊藤亜紗 著,光文社新書)
No. 310
(2015-4)
(17)進化は「最適者の到来を説明」できるのか
『進化の謎を数学で解く』(ワグナー 著,文藝春秋)
No. 308
(2015-2)
(16)作品中に含まれた天文学の断片を専門家の立場から読み解く
『宇宙戦艦ヤマト2199でわかる天文学』(半田利弘 著,誠文堂新光社)
No. 306
(2014-12)
(15)細分化された人工知能分野を再統合する試み
『ロボットは東大に入れるか』(新井紀子 著,イースト・プレス)
No. 304
(2014-10)
(14)活動量や位置情報などの物理的なデータから人間の心理を読み解く
『データの見えざる手』(矢野和男 著,草思社)
No. 302
(2014-8)
(13)日常系×非日常ミステリーが描くマイノリティへの視座
『白暮のクロニクル 1〜3』(ゆうきまさみ 著,小学館)
No. 300
(2014-6)
(12)AI開発の現状と,未来の可能性に迫る?
『クラウドからAIへ』(小林雅一 著,朝日新聞出版)
No. 296
(2014-2)
(11)中核技術の解説から様々な事例の紹介まで
『ビッグデータの衝撃』(城田真琴 著,東洋経済新報社)
No. 294
(2013-11)
(10)辛い現実を相対化して描いた闘病記
『アル中病棟』(吾妻ひでお 著,イースト・プレス)
No. 292
(2013-9)
(9)人間とコンピュータをめぐるもう一つの歴史
『コンピュータvsプロ棋士』(岡嶋裕史 著,PHP新書)
No. 290
(2013-7)
(8) 放射線の不安に対する、わかりやすく客観性の保たれた回答集
『専門家が答える 暮らしの放射線Q&A』
(日本保健物理学会「暮らしの放射線Q&A活動委員会」著,朝日出版社)
No. 288
(2013-5)
(7) 医薬品開発をめぐる栄光と悲運
『サルファ剤、忘れられた奇跡』(ヘイガー 著,中央公論新社)
No. 286
(2013-3)
(6) 精神疾患の「現実」とは何か
『名作マンガで精神医学』(林 公一 著,中外医学社)
No. 284
(2013-2臨時)
(5) 介護現場に見出された新しい豊かな世界
『驚きの介護民俗学』(六車由実 著,医学書院)
No. 281
(2012-11)
(4) 動物たちの心の世界が様々な形で描かれた2冊
『動物感覚』『動物が幸せを感じるとき』(グランディン&ジョンソン 著,NHK出版)
No. 279
(2012-9)
(3) 科学とはどういう営みなのか
『科学がきらわれる理由』(ダンバー 著,青土社)
No. 277
(2012-7)
(2) 「ゼロリスク信仰」の問題点を考える
『ほんとうの「食の安全」を考える』(畝山智香子 著,化学同人)
No. 275
(2012-5)
(1) 科学の面白さの本質
『星界の報告』(ガリレイ 著,岩波文庫)


【執筆者のプロフィール】 
松浦晋也 (まつうらしんや) 
ノンフィクション・ライター.1962年東京都出身.現在,PC Online で「人と技術と情報の界面を探る」,日経トレンディネットで「“アレ”って何? 読めばわかる研究所」,日経テクノロジーで「小惑星探査機はやぶさ2の挑戦」を連載中.主著に『小惑星探査機「はやぶさ2」の挑戦』『はやぶさ2の真実』『飛べ!「はやぶさ」』『われらの有人宇宙船』『増補 スペースシャトルの落日』『恐るべき旅路』『のりもの進化論』などがある.
ブログ「松浦晋也のL/D
Twitterアカウント https://twitter.com/ShinyaMatsuura


鹿野 司 (しかのつかさ) 
サイエンスライター.1959年愛知県出身.「SFマガジン」等でコラムを連載中.
主著に『サはサイエンスのサ』(早川書房),『巨大ロボット誕生』(秀和システム),『オール ザット・ウルトラ科学』(ビジネスアスキー),『教養』(小松左京・高千穂遙と共著,徳間書店)などがある.
ブログ「くねくね科学探検日記


イラスト:たまきひさお   



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.